2019年7月20日(土曜日)くもり/雨

 毎年恒例のひまわり平和夏まつりも23回を迎えました。

残念ながらの雨模様にて、練りに練った屋外企画は屋台以外は中止し、ステージショウはすべて屋内….

今年は地域の人たちにも足を運んでもらうために、地域ビラ2000枚配布したのに………これはどうなることか……

 

心配も杞憂で、3階入所棟では圧巻のヨサコイソーラン

チーム「ミナオドーレ」の演舞は、思わず体が動き出すパフォーマンスでした。

アンコールもかかり、汗だくで舞を披露してもらい、会場は大盛り上がり。

ミナオドーレのメンバーの会場を巻き込む力が凄いのなんの。

後半、鳴子を利用者さんに配布したのですが、これで反応があったんです!普段無反応気味の利用者さんが奇跡の鳴子効果!

 

2階入所棟では、安定の「千代の会」の歌謡ショー

いつもお世話になっております!

艶やかな衣装と、響き渡る歌声は、プロフェッショナル!

感動して泣いているオーディエンスいました。

よ!釧路の美空ひばり!

 

 

 

 

1F通所スペースでは、職員有志による、スコップ三味線!

何がいいって、職員有志のこの笑顔、お客さんが笑顔にならない訳がない!

今年長崎で行われる「原水爆禁止世界大会in長崎」に、通所リハビリの介護福祉士の石山君を送り出すこともあり

いつも以上に演奏に力が入ります。

雨が降る生憎の天気でしたが、250名の人々が楽しみました!

また来年お会いしましょう!

 

 

 

 

 今年で終戦74回を迎えます。長崎にて被爆の実態や平和の大切さを、目で見て肌で感じて人々に伝えていけたらと思います。

(石山純希介護福祉士)