今回はケアコートひまわりで5月10日から開始された釧路市介護予防事業『口すっきりコース』の紹介をします。

 

 昨年までの3年間は釧路協立病院が中部南、中部北包括支援センター圏内で唯一、口すっきりコースを実施してきました。今年度より開催場所を法人内介護事業の拠点であるケアコートひまわりに移し言語聴覚士も1名増員されました。

口すっきりコースは3か月間で6回開催され、摂食嚥下障害や口腔ケア、食物形態などについて講義形式で学んでいただきます。また、今年度は自主トレーニング指導に重点を置いて進めています。さらに、面談や自主トレーニングチェック表を活用し自宅での自主トレーニングの実施状況を把握し、口腔機能や飲み込む力の維持、向上を目指します。

 参加された皆さんからは「むせが気になる。」「口の渇きが気になる。」などの具体的な訴えが聞かれています。3ヶ月が終了する7月にそれらの悩みが少しでも改善されるよう、言語聴覚士が2名在籍している強みと釧路協立病院で介護予防事業に関わった実績と経験を活かし私達もしっかりお手伝いしていきたいです。