2019年10月10(木)~11日(金)の2日間に渡って道東勤医協を代表して合同企業説明会へ参加してまいりました。

 初日10日の説明会は「働きたい主婦(夫)のための説明会」でした。

 会場には子育て世代から、セカンドキャリアをスタートさせたいという方までたくさんの方が来場されていました。

 大変ありがたいことに10時から13時までの短い時間にも関わらず道東勤医協のブースには15人もの方が訪れてくださりました。

 皆さん、真剣な眼差しで説明に聞き入って下さるので説明する側も力が入ります。気付けば行列ができるほどの大盛況でした。

 

 

 2日目の説明会はくしろせんもん学校で開催された学生向けの説明会でした。

介護職員の人出不足が叫ばれている昨今ですが、学生さんも減少傾向にあるようです。今回の説明会も1,2年生合わせて21人という参加人数でした。

 

 しかし、説明会に参加している企業はなんと30社。学生さんの参加人数よりも多いのです。他社に負けてはいられないとポスターや動画を流して学生さんへアピール。

 我々のアピールの成果でしょうか、嬉しいことに21人中5名の学生さんがブースを訪れてくれました。

 

 

 話しを聞いていくなかで感じたことは、みなさん早い段階で介護の仕事を志したのだなということです。中学生や、早い方は小学生の時から介護の仕事をしたいと思っていた、自分の祖父や祖母の介護を通じて福祉関係の仕事に就きたいと思ったなど、みなさんの介護に対する熱い思いが伝わってきました。

 

 今回の企業説明会ではたくさんの方に道東勤医協の魅力の一部をお伝えできたと思います。道東勤医協では一緒に働く仲間としてみなさんを待っています。見学や相談は随時受け付けておりますでお気軽にお問合わせくださいね。