当施設では、今春から夏にかけて、総合事業Cの「お口すっきりコース」を2コースを終え、続いて「脳しゃっきりコース」を釧路市から受託され9月6日から開始しました。

「脳しゃっきりコース」は「脳の機能は加齢と共に誰もが弱くなる」とい自然の流れを、「できるだけ長く生活を楽しく過ごせる機能を持続させる」ためのコースです。

準備した担当作業療法士2名もかなり気合を入れて準備していたので、内容の濃い2時間となりました。

参加者は7名、皆さん真剣な面持ちで参加しましたが、終了時には笑顔で打ち解けていたのが印象的でした。