今年度、ケアコートひまわりでは『入所棟レク物品作成プロジェクト』を立ち上げました。目的は入所棟のレク物品の充実と作業を通しての仲間づくりの促進です。また、施設の中の廃材を活用するなど経費削減も意識しています。

 

 6月27日(水)に第1弾としてベンチホッケーのゴールを作りました。釧路はアイスホッケーが盛んな街ですがベンチホッケーもとても盛り上がるレクレーションです。しかし、今まではゴールが無く椅子をゴールに見立てて使用していました。

 

 今回、職種・部署を問わず仲間を集ったところリハビリ技師、介護福祉士、事務員の仲間が参加してくれました。

 作業療法士の作成した工程表を基に作業を開始しゴール2セットとパックを作成する事が出来ました。作成に要した費用は424円。後は要らない棚などの廃材です。作業中は会話が多く気軽にアイデアを出し合いながら進める事ができ、予定していたよりも高いクオリティの作品が出来上がりました。

 

 

 今回は都合が合わなかったけれど、次回は参加したいという声も多数聞かれています。そこで、第2弾も企画していきたいと考えています。今後も作業を通して職場づくりに貢献できればと思います。