2020年12月24日(木)

 

 今日はクリスマスイヴ!ケアコートひまわり通所リハビリでは毎年恒例のクリスマス会を開催しました。

 

 今年はコロナ禍の影響によりレクや催し物が大幅に減少。このような状況下ではありますが、少しでも利用者のみなさんに楽しんでいただきたいと、スタッフ一同この日にために様々な出し物を用意してきました。

 

 

 

 オープニングは職員によるハンドベル演奏。サンタクロースのコスチュームに身を包んだ職員達がきれいな鈴の音をフロア内に響き渡らせました。

 

 

 

 

 

 

 今日の体操は定番のクリスマスソング「赤鼻のトナカイ」に合わせてのスペシャルバージョン。

 楽しいメロディに合わせてスタッフも利用者のみなさんと一緒に体を動かしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてここからがスタッフ達の練習の成果の見せ所!

 

利用者のみなさんに楽しんでいただきたい一心でそれぞれが出し物を披露。

 

 まずは今年大ブームになったアニメ「鬼滅の刃」のオープニング曲「紅蓮華」に合わせたダンス。利用者さんの間からも「この曲知ってるよ」「孫が見ている」などの声が聞かれました。

 

 

 続いては2020年応援ソングとなっている「パプリカ」に合わせたステージショーを披露。

 

 利用者のみなさんもイスに座りながらスタッフと一緒に振り付けを踊りました。

 

 

 

 

 

 

 

 そのあともマジックショー、福笑い、お絵かきクイズと様々な企画が続きました。

 

 会場からは常に利用者のみなさんの笑い声と笑顔があふれていました。

 

 

 

 

 

 コロナ禍の下で、感染対策に万全を期し、例年とは違う新しい様式のクリスマス会。利用者のみなさんに楽しんでいただけるのか、スタッフ達には少し不安もありました。

 

 しかし、会が終わった後に利用者のみなさんからマスク越しでもわかる笑顔で「とても楽しい会だった」「久々にたくさん笑ったよ、ありがとう」等の声をたくさんいただくことができました。

 

 自分達の思いが届いたことを嬉しく思い、これからもみなさんと一緒に楽しめるイベントを企画できるよう、スタッフ一同努力してまいります。