入浴を拒否している方への対応

現在利用されている方で、入浴拒否の強い方へどのような関わりをすればよいか?介護事業所ならよくある事例です。今月は全スタッフでの事例検討を行いました。      

                      

なぜ入浴を拒否するのか?という点を掘り下げると、体調の変化(脱水気味による怠さや食事量低下による栄養状態の悪化等)・声をかけるタイミング(昼食後横になっている時間)・寒がり・声の掛け方・同居していない家族の協力など様々な意見が飛び交いました。また、拒否する理由だけではなく、入浴した時は何が良くて入浴したのだろう?と成功体験からの学びを深める事が大切なんだと言う意見も出ました。

                      

私達の事業所は、毎月必ず学習を行っていますが、やっぱり事例検討を通じて学び、そこに文献学習を追加したほうが、より学びが深まるんだなとスタッフを通じて感じました。

楽しい学習になったと思います。