6月15日(木曜日)ヘルパーステーションすこやかで、調理実習を行いました。毎年行っているのですが、今年は腎臓が悪い方への食事「腎臓食」をテーマに3グループに分けて行いました。その時の様子です。

今回はヘルパー経験が長いベテランスタッフが主に指導者となり、「だいこんなます」「サンマの煮物」「なすの味噌炒め」を腎臓食をイメージして作成。腎臓が悪い方への調理として、カリウムを減らす調理法や、高齢者が食べやすい大きさや形、繊維を意識した切り方など、各グループ各々の作り方で調理。

[腎臓食ってどのくらいの味付けなの?]

普段は一人で仕事することが多く、どのくらいの味付けが良いのか?普通食ならこのくらいだけど、腎臓食となるとこのくらいにしておかないと駄目だね!など皆さん考えながら、そして楽しみながら学び合うことが出来ました。

最後に試食!各グループの味付けを比べながら、最後は楽しみながら試食しました。また来年も是非やりたいです。