5月26日金曜日に行った学習会の様子です。今月はKYT(危険予知トレーニングの頭文字でKYT)を行いました。

入浴・食事・排泄時等のイラストを見ながら、「どこに危険が潜んでいるか?」を探し出し、それがどんな事故に繋がる可能性があるか?その事故を防ぐためにはどうすればよいか?を5つのグループに分けて学習しました。

 

皆さん1回目のイラストより、3回目・4回目のイラストのほうがリスクの感度が上がり、

事故の予測を事前に防ぐ視点がどんどん高くなって来ました。KYTは一人で行うよりもみんなで行ったほうが、

より視点が広がるものなんだなとあらためて感じました。