2019年4月24日(水) 

 桜の開花には少し早い時期ですが、午後のおやつの時間に、手洗いとエプロン着用を済ませたさくらユニットの利用者様が3階談話室に集合し、柳町公園を見ながら春の素材を揃えてパフェレクを行ないました。

 

 木々も芽吹きを待っている様な肌寒い日でしたが、アイス・生クリーム・あんこ・チョコカラースプレー・いちご・果物の缶詰・プリン・黒蜜をあらかじめ準備し、利用者様にも、チョコカラースプレーを振りかけていただいたり、カットしたいちごを盛り付けたりと、一緒に盛り付けをしていただきました。

 集中してスプーンを握り、上手に盛り付ける様子がとてもほほえましく、和やかな雰囲気の中、1人1人にカラフルで、目にも鮮やかな美味しいパフェを配りました。

 

 「いただきます」の挨拶とともに、好みのジュースを飲みつつ、みんなで甘いパフェをほおばり、とても素敵な笑顔とともに「おいしいー」「冷たいけど甘い」という言葉が聞かれました。

 

「こんな美味しい物を食べたのは初めて」と、感動して涙を流す利用者様もいて、スタッフも一緒に楽しむことができました。春という季節を感じ、お腹いっぱいになりみんなが満足してパフェレクを終えることが出来たと思います。

また、甘くて美味しいおやつを一緒に作って楽しみましょうね。