8/17~8/19の3日間、美原デイサービスセンターでは、夏のレクリエーションとして炭火焼バイキングを実施しました。

 

 コロナ禍でイベントや外出の自粛を強いられている昨今、少しでも通われている方々に季節を感じて楽しんでいただけるよう企画いたしました。

 

 

 

 

 

 今回のレクリエーションですが、安全面に配慮し、デイの外でスタッフが炭火焼きした物を昼食として提供させていただきました。炭を起こしている段階から「夏の匂いがする!」とワクワクした声が多く聞こえ、食材を焼きだすと「美味しそうな匂いがしてお腹がすいてきた」「食事の為に午前中の運動頑張ろう」など施設内が活気づき、とても賑やかになりました。 

 

 

 

 

 そして昼食の時間になると職員が焼きあげたヤキソバ、焼き鳥、ウィンナー、とうきび等を持って席を回り、食べたいものを選んでもらいました。「どれにしようか迷う」、「美味しくて食べ過ぎてしまった」、「また開催してほしい」と好評の中、笑顔に包まれたレクリエーションは無事終了。

 

 多くの我慢とストレスを抱くコロナ禍の時代、少しでも皆さんの生活が楽しいものになるよう、今後もいろいろな企画に美原デイサービスセンター職員一丸となって取り組んでいきます。