【通所】 
勤医協くしろデイサービスセンター
サービスの種類 通所介護(通常規模)
住所 〒085-0007 釧路市堀川町 8番43号
連絡先 Tel:0154-22-1307
Fax:0154-22-1145
メール:clinickushiro@dotokin-medwel.or.jp
休日 土曜日 日曜日 年末年始
1日平均利用者数 22人
加算関係 個別機能訓練加算Ⅱ 入浴加算 生活機能グループ向上加算活動 選択的サービス複数実施 サービス提供体制強化加算(Ⅱ)介護職員処遇改善加算
送迎車種類と台数 通リハ・認知症デイと合わせて9台 バス3台 リフト車6台
 事業所の特徴
午前のブログラム
9:00~11:00 作業レクリエーション 週ごとメニュー
10:30~11:00 個別機能訓練 頭の体操クラブ等
11:00~11:30 個別機能訓練 足腰・お散歩クラブ等
9:30~11:00 (火)書道 (金)裁縫ボランティア
9:00~12:00 入浴
11:40~11:55 嚥下体操 立ち上がり訓練
14:00~15:00 体操 レクリエーション
午後のブログラム
13:00~13:30 トランプ(7並べ) ボランティア
13:00~13:30 (金)アカペラ 合唱 ボランティア
13:00~13:30 (週1)ギター 合唱 ボランティア
13:00~14:00 グループ体操 レク フマネットセラバンド(予防対象)
14:00~14:30 個別機能訓練 足腰・お散歩クラブ
14:30~     予防給付対象者の帰りの送迎
15:30~     介護給付対象者の送迎開始
 
ホールの配置や様子

・カレンダー クラフト作業 壁画 と 毎週作業内容を変えています。作業テーブルは、個人のテーブルとは別に準備し作業テーブルで実施しています。
・ボランティアさんへも個別対応方法をお伝えし、自分で作ったという達成感を感じていただけるように関わっています。
・テーブル配置:予防テーブルは 対面式で12人が座れるように縦に並べています。 介護のテーブルは、介助を要する利用者さんをスタッフ側に 8人掛け。椅子に腰かけた時に 足が付くように 椅子の足を短く切った「いす」を用意しています。

機能訓練や体操

・ふまネット バランス・脳トレを含む歩いて行うトレーニングを楽しく、笑いあいながら行っています。
・棒体操 下肢筋力訓練・尿失禁予防体操・上肢の訓練等多様におこなっています。1つのプログラムを行うと全身の体操になるように組み立てられた内容です。 ・お散歩クラブ 施設内が隣接のため歩く事が出来ます。デイには無い、中に早売店など利用者さんも楽しみながら「たくさん歩けた!」と日々目標を持ちながら歩いています。
・タオル体操 体操解説付きのCDをかけながらタオルを使い全身の体操を行います。
・ラインエクササイズ 2本の線を利用して手をはたいたり足を広げたり果物や野菜、芸能人等を連想しながら歩きます。 釧路市介護予防プログラム 「若返りレッスン」から取り入れています。

作業・クラブなどのアクティビティ

・ロールペーパー作品  壁画に使用しています。 辰年の壁画のようにデイサービスの象徴となっています。 この作業は、紙を着る作業・ロールをまるめる作業・彩りを考えておく作業と利用者にあった作業が出来ます。結構な数のロールを必要とするのでのりで貼る迄に時間がかかります。 1カ月間要する事が多いです。 利用者はまるめる作業を一生懸命におこなうため指が痛くなること尾もありますので無理しないように配慮が必要です。
・カレンダー製作 毎月利用者が1人1枚作成しています。男性が上手に色をつける事が多く真剣に取り組めるものとなっています。

レクリエーションや脳リハビリ・小集団で楽しめるもの

・調理レクリエーション 季節をとりいれたメニューを取り入れています。利用者さんがつくる楽しみを味わえるように ボランティアさんへも個別対応をお願いしています。職員も利用者さんと一緒にお食事が出来るように、500円/食支払い、いただきます。
・脳リハ 日付の確認を毎回行います。施設名・住所・電話番号等毎回ホワイトボードに記入していましたが 紙を張ることで職員の手間が少なくなりました。
・踏み台じゃんけん 2人ペアで行います。勝った人のグー・チョキ・パーで負けた人が踏み台を上がり下がりします。
・あおいでくぐれ うちわを使いピンポン玉をつかいます。
・あおいで回せ ロープにかかった新聞紙をあおぎ、隣の人に回して対抗戦を行います。最高に盛り上がります。

入浴のスタッフ人数・時間・ハード面・特徴など

・入浴ヘルパー 2名 スタッフ1名 午前9:00から12:00迄浴槽1つです。以前改築前の病棟で使用していたまま利用しているので深く、リフトなどは無い状況です。自力で浴槽の出入りが出来ない利用者は基本的に隣接している老健の浴室を利用する事となります。脱衣所・浴室共に窓が無く換気が全くできない状態でした。エアコンをとりつける事が出来て、利用者さんの「のぼせ」に対応できるようになりました。
・浴室・脱衣所共に狭いのですがBGMを流し、風呂上がりには 麦茶をすぐ飲めるように準備しており、水分摂取のすすまない利用者も浴室での水分補給が出来ています。身体状況等で人目に触れられたくない利用者への対応など細かな対応が出来ています。 皮膚の乾燥が目立ち「手荒れ」もケアできていない方が多く、入浴後にハンドマッサージを兼ねて処方された保湿クリームを塗る援助も行っています。

年間行事
4月 調理レクリエーション、5月 お花見(5月28・29・30日)、6月 買い物レクリエーションオカリナ演奏・ジャガイモ植え、7月 夏祭り、8月 食事会、9月 敬老会、10月 ドライブ、11月 調理レクリエーション、12月 クリスマス会、1月 餅つき、2月 節分、3月 ひな祭り
チームワークを充実するための取り組み(理念や目標・自慢できるもの)
・年度当初に ワールドカフェ方式で どういうデイサービスにしたいかを 意見を出し合い確認しました。個人目標と照らし合わせて研修出来るようにしていきます。
・毎日のミーティングは、昼11:30 1回 送迎終了後の2回行っています。報告・連絡・相談の出来る機会をもち、リーダーへ集中しています。
・部会は毎月1回実施し 気になる利用者のまとめを行っています。
・壁画やクラフト作りは毎週評価を行い、次回に生かせるもの作りとなっています。
・毎年のメーデープラカードは利用者さんと一緒に行う年間行事のようになている素晴らしい出来栄えとなっています。
介護の専門職としてのスキルアップの方法とは?(委員会・内外研修・業務改善など)
・部会前の30分学習会の実施 介護技術・認知症について
・業務改善は随時ミーティングに検討し変更しています。
・くくる(釧路市地域リハビリテーション)グループホーム協議会・たんぽぽの会等の外部研修参加
・認知症研修回の呼びかけへの参加(スミセイ等)以上、伝達学習で全体に反映できるようにしています。
事業所のアピール
登録ボランティアさん【7人】毎日1名は来てもらっています。他に、アコーデオン・大正琴・オカリナ・ギター演奏など来てもらっています。
Copyright © 道東勤医協 介護事業の取り組み All Rights Reserved.