【通所】
さくらいきいきデイサービスセンター
サービスの種類 認知症対応型通所介護(1単位)
住所 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡2丁目 18番7号
連絡先 Tel:0154-92-3030
Fax:0154-92-5755
メール:sakura-ikiiki@dotokinmedwel.or.jp
ホームページ:http://mint.hokkai.net/doto-kin/
休日 日曜日 年末年始
1日平均利用者数 7.4人
加算関係 個別機能訓練加算・入浴加算・介護職員処遇改善加算Ⅰ
送迎車種類と台数 1台(10人乗りのリフト車)
 事業所の特徴
午前のブログラム
8:30~     送迎開始
10:00~11:30 作業レクリエーションなど
11:30~12:00 集団体操・手指運動など
午後のブログラム
12:00~     昼食
12:45~14:00 午睡・ゲーム・頭の体操など
14:00~14:30 午後の体操
14:30~15:00 レクリエーション
15:00~15:30 おやつ
15:30~     送迎開始
ホールの配置や様子

一般住宅を改修した施設ですので、上靴は使いません。自宅にいるような環境に気をつけています。テーブルは、6角形のものを使っています。認知症対応型なので、視野が狭いかたが多く、またちゃぶ台を囲んだ雰囲気を出すことができます。

機能訓練や体操
お勧めは「ガンバルーン体操」で、ゴムのボールを使って、ストレッチ体操と筋トレ運動が出来ます。体操も棒体操・お手玉体操・タオル体操など数種類あります。当デイサービスの特徴として、ほぼ毎日外出を行っています。小さい事業所なので、歩行訓練として外出を取り入れています。また、脳リハビリとして、計算・間違い探しなどのプリントを準備し、実施しています。また、公文学習療法を行っている方もいます。
作業・クラブなどのアクティビティ

毎月壁に貼る壁画・個人で作る個人作品を作成しています。また、翌月のカレンダーを作成しています。写真は釧路で行われるシルバー作品展で、出展した様子です。作成が困難な方もいらっしゃるので、出来る方がお手伝いをしたり・簡単な作業(切る・塗る・貼る)を行ってもらいながら、なるべく多くの方に参加していただいています。

レクリエーションや脳リハビリ・小集団で楽しめるもの
人気のあるレクリエーションは、室内パークゴルフ・パタパタゲーム(卓球の球をうちわで扇いで穴に入れるゲーム)や、狩人ゲーム(写真右)物転がしゲーム(ブルーシートにナイロンテープで点数を書き、色々なものを転がすゲーム)や、スカットボール(写真左)があります。畑作業を利用者さんと行ったり、調理レクリエーションも利用者さんと一緒に行っています。
入浴のスタッフ人数・時間・ハード面・特徴など

1人用の浴槽を使用しています。浴槽の3面を壁につけないで配置しているので、浴室の真ん中に配置しています。3方向から介助できます。脱衣所も小さく、利用者さん2名とスタッフ一人でいっぱいになるスペースしかありません。大きい浴室と違うので、他事業所で入浴できない人でも、工夫して入浴できるようになった方が多数います。拒否が強い人は、時間・声がけ・入浴前の気持ちの準備・声掛け時は、何も作業しない状態を作っておくなど、工夫をしています。

年間行事
4月 未定、5月 花見、6月 防災センター見学 運動会、7月 流しソーメン、8月 家族会(バーベキュー)、9月 敬老会・シルバー作品展、10月 紅葉見学、11月 外食、12月 クリスマス会、1月 家族会{餅つき)、2月 節分、3月 ひな祭り
チームワークを充実するための取り組み(理念や目標・自慢できるもの)
2007年開設時スタッフ全員で、理念作成をしています。また、事業所内での決まりごとを決めています。認知症の方に係る上で「大きな音を出さない・目線を合わせる・事業所内は走らない・ばたばたしない」など不快に感じる環境をスタッフが作らないようにしています。毎年4月に活動方針を作成し、活動の柱を速めに取り組みをし、看介研などに発表しています。月1回の部会と月1回のグループ全体の会議があります。
介護の専門職としてのスキルアップの方法とは?(委員会・内外研修・業務改善など)
外部研修で無料のものは、なるべく参加してもらうよう声がけをしています。法令順守の学習会や認知症の学習は、定期的に行っています。正職員は1年目から9年目まで世代別研修を行っています。
事業所のアピール
当事業所は、歩行訓練や社会参加・精神的にリフレッシュできるよう外出を多くしています。パークゴルフ場に行ったり、展示会・外食など良く行きます。また、事業所は鍵をかけていないので、帰宅願望が強い方には、スタッフと一緒に外出や散歩へ行くことがあります。また、小さい事業所なので、独自のアセスメントシートやカンファレンスシートを使い、アセスメントやケアプラン作成を担当制にして行なっています。
PAGETOP
Copyright © 道東勤医協 介護事業の取り組み All Rights Reserved.