【施設系】
老人保健施設ケアコートひまわり(一般棟)
専門棟の有無 一般棟
住所 〒085-0007 釧路市堀川町 8番43号
連絡先 Tel:0154-24-1165
Fax:0154-23-7665
メール:geriatric‐himawari@dotokin‐medwel.or.jp
入居者数 要介護1:2名 要介護2:8名 要介護3:10名 要介護4:10名 要介護5:13名
ベット総数 50床
前年度の在宅復帰件数 13件
前年度の看取り数 3件
 事業所の特徴
チームワークを充実するための取り組み(理念や目標・自慢できるもの)

当施設、一般棟では大きく分けて3つの目標を持ち、より安心で安全な介護提供に努めています。
・職員が常にスキルアップをし、ケアの質向上に努める。
・利用者様が気持ち良く過ごす事のできる環境作りをすすめる。
・利用者様の尊厳を守り、心のこもった対応をする。
この3つの目標は、さらに細かな項目に分かれており、職員が実践しやすいよう具体的なものになっています。また、目標を表にして1カ月ごとに一つ一つを評価し、達成と到達点の確認を行うことを始めました。より職員が目標を意識してケアにあたることが出来るようになっています。
日々、スタッフ全員が常に自分たちのケアについて振り返り、利用者様、個々人の特徴に合った生活を送ることが出来るよう援助していきます。

介護の専門職としてのスキルアップの方法とは?(委員会・内外研修・業務改善など)
月ごとに学習担当スタッフが決まっており、月に1回は必ずセクションでの学習会を設けるようにしています。(内容は看護、介護技術、働く職員の健康作りについて等、幅広く行っています。)各委員会スタッフが中心となり、他施設の実践報告会への参加や、関係機関との情報交換からケア改善の取り組みをすすめています。また、学習会の開催や学習資料の提供もしてスタッフ間で知識共有から実践に繋げ、情報交換も行うことで全体での取り組みとなるよう努めています。
事業所のアピール
ショートステイは10~15名分のベットで受け入れをさせていただいていおり、在宅生活でのリズムをなるべく守ること、環境の変化による混乱を引き起こさないよう、ケアの提供を行っています。住み慣れた自宅、ご家族との生活を支える役割であることをスタッフ一人一人がしっかりと認識し利用者様、ご家族様の安心できるショートステイを目指しています。
他、アピール
・口腔機能維持管理加算取得からの口腔ケアの質向上
・学習療法の導入から利用者様の機能維持、向上、生活の張りをもたらす
・夜勤職員配置加算取得基準を満たす、夜間帯の職員体制による安全、安心の確保
【施設系】
老人保健施設ケアコートひまわり(認知棟)
専門棟の有無 認知棟
住所 〒085-0007 釧路市堀川町 8番43号
連絡先 Tel:0154-24-1165
Fax:0154-23-7665
メール:geriatric‐himawari@dotokin‐medwel.or.jp
入居者数 要介護1:1名 要介護2:3名 要介護3:9名 要介護4:12名 要介護5:10名
ベット総数 40床
前年度の在宅復帰件数 0件
前年度の看取り数 2件
 事業所の特徴
チームワークを充実するための取り組み(理念や目標・自慢できるもの)

認知症専門棟では日々利用者さんに喜ばれるような介護を目指して頑張っています。
認知症を持っていても、その人らしくいきいきと過ごせるような関わりを目標としています。
スピーチロック廃止に向けての活動に力を入れています。

~利用者さんに喜ばれるために~
 ・きれいな施設を目指します。
 ・いつも笑顔で接します。
 ・ちょっとまって、ダメと言いません。
 ・毎日楽しめる企画を考えます。

という目標のもとより良いケアを目指しで日々努力しています!!
利用者さんの笑顔があふれる認知症専門棟です!

介護の専門職としてのスキルアップの方法とは?(委員会・内外研修・業務改善など)
各委員会として・・・学習委員、学習療法委員、排泄委員、身体拘束・安全委員、褥創委員、感染委員、業務改善委員会 などなど。
学習会も行いながら日々利用者さんに反映できる様頑張っています。
事業所のアピール
職員は男性スタッフ・女性スタッフが若者からベテランまで勢ぞろい!
明るい雰囲気で利用者さんと日々過ごしています。
少ない人数で大変ではありますが認知症介護のプロとなれる様にがんばっています。
PAGETOP
Copyright © 道東勤医協 介護事業の取り組み All Rights Reserved.